キャンピングカーで寝るときの車の停め方

キャンプに行くときにテントを張るということになります。一度張る経験をすると良いのですが、初めてというときは要領がわかりません。まず何が大事かということですが、どこに張るかということになります。キャンプ場においては、ある程度テントを張る場所を指定してくれています。そういったところは、最初から張るのに適しているということです。キャンプ場以外という場合は、しっかり場所を選ばないといけないということになります。

せっかく張った後に中に入ってしまったということになりかねません。場所が悪いところの場合、はり直しをしなければいけないということもあります。30分ぐらいかかることもありますから、かなり時間のロスになってしまいます。テントを張るときにおいては、地面の状態を見ておくということになります。あまりがたがたのところになると、寝心地が悪いです。寝袋などでクッションを得ることになりますが、それでも痛く感じることになります。良い場所が見つかったら、石をのぞく作業をすることもあります。もっと大事なこととしては、その場所が平らかどうかになります。斜めになっていると、中で寝るときにどうなるかです。いつの間にか、下のほうに人が集まっているということになります。

場所によっては、平らなところを探すことが難しいこともありますが、その中でも平らにするようにします。何らかの道具を用いて平らにすることもあります。それぐらい大事になるということです。テントにおいて平らなところに張るということはわかりました。キャンピングカーにおいても同様の問題があります。つまりは、平らなところに車を停めないといけないということです。ただ停める分には斜めになっていても問題はありません。でも中で寝るというときは斜めだと問題ということです。テントと同じように、寝ているときにどんどん下側によっていってしまうことがあります。車の場合、夜中にあまり移動をすることができなくなることがあります。周りにもキャンプをしている人がいると、動き回れないのです。ですから、最初に停めるときに、平かどうかを確かめるようにします。試しに寝てみて、問題がないかを見ておくと良いでしょう。とめるときにおいて、パーキングなどに停めることもあるようです。パーキングといいますと平地のように思いますが、こちらも斜めになっていることがあります。移動することができませんから、平らなところを探します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*